PROFILE

松尾 敢太郎

KANTARO MATSUO

H 182
B 80
W 70
H 90
S 26.5

1998年10月27日生まれ
広島県広島市出身

高校時代からフリーの役者として舞台に立ち、積極的に活動。
2019年、早稲田大学在学中に、同級生で劇作家・演出家の大塚健太郎とともに、「劇団あはひ」を旗揚げ。落語や能など、古典を下敷きとした創作を中心に行う。
第4回公演『どさくさ』が、史上最年少で下北沢本多劇場にて公演を行ったとして、演劇界の注目の的となる。

NEWS

WORKS

  • STAGE
  • 2020劇団あはひ第4回公演『どさくさ』(演出:大塚健太郎)|下北沢本多劇場
  • 2019劇団あはひ第3回公演『ソネット』(演出:大塚健太郎)|北千住BUoY
  • 2018劇団あはひ旗揚げ公演『どさくさ』(演出:大塚健太郎)|早稲田小劇場どらま館
  • 2017『ザ・オーディション』(演出:劇団スパイスガーデン)|千本桜ホール
  • 2016『遠い国から来た良き日』(演出:古城十忍)|赤坂レッドシアター
  • 2015『あの10分間、そしてそれからのこと』(演出:土田英生)
  • 2014『ワンダフルライフ』(演出:高井浩子)
  • MOVIE
  • 2013『夏休みの地図』(監督:深作健太)